自由が一番!!

フリーター女子の日々の記録。映画と海外ドラマレビュー多め。

自由が一番‼

『グリム』シーズン1第2話【通過儀礼】

DSCF2509_TP_V.jpg

前回はニックが毒を注射されてしまい、倒れてしまうところで終了でした。

しかもよく見たら最後に注射しようとした女の人と話していたのはニックの上司じゃありませんか!!!え。何者!

昏睡状態のマリーは果たしてどうなる?!第2話のあらすじとレビューです。

※ネタバレあります

スポンサーリンク

第2話『通過儀礼』あらすじ

『中を覗くと誰もいないので、少女は掛け金を外した』

今回のテーマはグリム童話『三匹の熊』です。


不法侵入した家は運悪く・・・

ある夜、ロッキー&ギルダという若いカップルが森の中の大きなお家に不法侵入しやりたい放題始める。しかし車が入って来て家主が戻ってきたと思った二人は慌てて逃げようとする。窓から飛び降りたギルダ。ロッキーはあとを追おうとするも、何かに襲われてしまう。怖くなったギルダはロッキーを置いて逃走。


ニックを襲った犯人の招待は不明のまま

ニックは毒を注射されたものの無事で、犯人を探す為に防犯カメラを確認することに。しかし犯人の顔は映っていなかった。


イェガーバーの通過儀礼

ニックは不法侵入のあった家を見に行くと、一家の息子バリーの本当の姿(熊)が見えた。家には熊手のようなものやトーテムポールがあり、マリーのトレーラーからも同じような熊手が見つかった。一体なんなのか、モンローの元に尋ねると、それは“イェガーバー”の熊手だという。その熊手は“ロー・ハッツ”で使うもので、イェガーバーが成人するための通過儀礼のようなものらしい。


モンローはいい奴

マリーに対する警備が解かれてしまい、ニックはマリーの警護をモンローに頼むことに。モンローは自分たちの先祖を殺したグリムを守るなんて!と最初は拒否するもしぶしぶ了承。


父は通過儀礼しようとしていることに気づいていなかった

ニックの元に、ギルダが保釈され銃をもって一家の家に乗り込もうとしているという連絡が入る。急いで向かうニックとハンク。家に到着し、ニックは一家の父を説得し、バリー達を追うことに。しかしすでにロー・ハッツは始まっていた。父とニックはそれを止めようとするも、母がそれを阻止ししようと走ってきて、バリー達が用意していた罠にはまってしまう。

マリー死す

事件は収束したが、モンローから『マリーを守ろうと戦ったが、やり過ぎてしまったので退散する。早く戻ってこい。』と連絡が入る。急いで向かうも、時すでに遅し、マリーは襲ってきた男ともみ合いになった結果力尽きてしまう・・・


ニックとモンローいつの間に連絡先交換してる

いやーモンローはいいキャラですね。早朝にピラティスやってるのにwいきなり訪ねてきてたニックをうざがりながらもベーグル作ってあげようとしたり、仕事中なのに呼び出されて、マリーのこともなんだかんだちゃんと守ってあげたり。めっちゃいい奴じゃん!!!って突っ込みながら見てましたw

そしてマリーがついに死んでしまいました。悲しい。ニックの上司は何を考えているのでしょうか。マリーは殺したいけど、ニックを敵に回したくないみたいなこと言ってましたし。謎が深いです。