自由が一番!!

フリーター女子の日々の記録。映画と海外ドラマレビュー多め。

自由が一番‼

『グリム』シーズン1第3話【警告】

IMG_0903.jpg

前回はついにマリーが亡くなってしまうところで終わってしまいました。さて今回はどんなお話なのでしょうか。

ちなみに上の絵はわたしが描いたのですが、念のためお伝えすると、『蜂』ですからねw


⇒シーズン1第2話のあらすじはこちら


以下ネタバレを含みます!!

スポンサーリンク


第3話『警告』のあらすじ


『彼女に優しく刺されると、死ぬまで気づかない』

今回モチーフとなっているグリム童話は「蜂の女王」です。


フラッシュモブに紛れて女性殺害

路面電車の中でフラッシュモブが起き、その中で法律事務所で働くセリーナという女性が殺害される事件が発生。

セリーナの死因はアナフィラキシーショックで、検視の結果、通常蜂に刺された時の500倍のハチ毒が検出された。セリーナの顔はパンパンに腫れ上がり、耳の下には太い針が刺された跡が見つかる。

ニック達は殺人事件として調査を始め、フラッシュモブの参加者の取り調べを開始。そしてニックはその中のダグジョンという二人の男が蜂の姿になる瞬間が見えた。何かあると勘付いたニックとハンクは二人の跡をつけると、プリムローズ製紙工場にたどり着く。そこで、女性と落ち合い何やら怪しげな会話をしているところを目撃。するとその時大量の蜂の軍団がやってきて襲われてしまう。

お決まりになってきたモンロー呼び出し。蜂の魔物=メリファー

ニックは帰宅後、マリーのトレーラーで調査していると、メリファーの天敵はヘクセンビーストということ、そしてマリーを殺そうとしたあの女性がヘクセンビーストであることが判明する。ニックはモンローを呼びだし、製紙工場を再捜査することに。そして昼間にダグとジョンが会っていた女性が製紙工場のCEOのメリッサだということを突き止める。そしてメリッサの家へ向かうと、家の2階の部屋には蜂の巣が大量にあり、事件で検出された毒と同じ毒が発見された。

マリーを殺そうとした女の正体は・・・

1年前の裁判で、セリーナは買収側の代理人で裁判の結果メリッサは製紙工場を失うことになってしまった為、その復讐で殺しをしたと推測する。

そんな中同じ法律事務所から2人目の被害者が出た。名前はカミラ。彼女も製紙工場の訴訟に関わっていた。そしてその訴訟の担当はあと一人アダリンド・シェイドという人物が残っている。急いでアダリンドを保護するも、なんとびっくりアダリンドはマリーを殺そうとしたあの女だった!

ニックはなぜメリファーに狙われているのか本当の理由をアダリンドに問うもアダリンドは答えない。

メリッサ意味深発言

おとり作戦で、メリッサをおびき出し捕まえる作戦だったがアダリンドを保護している場所がばれてしまい、追い詰められてしまう。メリッサは『あなたを守るためにやった。私たちは警告をする種族。あなたはグリム。グリムとして考えて。』という。ニックは戸惑いを隠せなかったが、結局メリッサを銃で撃つ。そして『彼が近くまできている。気をつけて。』と言い残しメリッサは息を引き取る。


一体誰が来てるんだ〜!!?

気になります。。。今のところ、わたしの感覚ではアダリンドと警部はどうも悪者にしか見えないんですよね。完全にわたしの主観ですけどアダリンドってなんか見た目からして、悪そうな顔しているし〜っww

まあメリッサはニックを守る為にやったと言ってましたけど、説明してくれないとニックだってわかるはずないですよね〜。ただでさえ最近魔物が見えるようになったばかりでほとんど知識なんてないし。マリーおばさまからも結局大した情報得られず終いだったし。本人は一番混乱していることでしょう。

そして今回もモンローはいい味出してましたw完全にモンローが好きになってしまって、出てくるのを楽しみにしてます♡

78年のボルドーモンローで釣れちゃうところとか、かわいいww