自由が一番!!

フリーター女子の日々の記録。映画と海外ドラマレビュー多め。

自由が一番‼

『グリム』シーズン1第12話【闘技場】

IMG_0925.jpg

前回は悲しい蜘蛛の魔物スピナトッドのお話でした。

今回は獰猛なライオンのお話ですよ。ちょっとハラハラして、ニックの勇敢さが際立ったラストでした♪

第11話のあらすじはこちら♪

※この先ネタバレあり!!!

第12話

『巨躯の獅子を始め、猛獣が群れる闘技場に、奴隷は放り込まれた』

今回は「アンドロクレスと獅子」という映画がモチーフでした。戯曲をも元にした映画のようです。

スポンサーリンク

森の中に住む夫婦が惨殺される

ニック&ハンクは現場検証をしていると、馬のひずめの跡が見つかった。現場から出た指紋はディミトリ・スコントスのものと一致。軽犯罪で逮捕歴が数回あり、先月仮出所したばかりとのことだった。早速保護観察官レオ・ティモアに話を聞きに行くことに。直近の面接に来ていないが、特にとがめていないと話した。ティモアから、ディミトリの職場が彼の叔父のボクシングジムだと聞き、そちらへも話を聞きに行くことに。

ディミトリの友人ブライアンは魔物

ジムへ着くと、ディミトリの友人ブライアンがサイ?の魔物になるところを目撃。ディミトリの居場所を問うも、2週間前トレーニングで行くフォレストパークへ走りに行ったきり見ていないという。ニック&ハンクはその場所を案内してもらうと馬のふんを見つける。そこへ、ディミトリの車が廃倉庫で見つかったと連絡が入る。廃倉庫へ行ってみると、中には血液や不気味な記号、中世の武器があった。闘技クラブか何かのようだった。闘技クラブとディミトリ関係していると考えたニック&ハンクは調査を進める。

裏でレナードが絡んでいた闘技クラブ

捜査の状況報告を受けたのち、レナードがティモアと接触。どうやら闘技クラブの主催者はティモアらしい。ティモアの正体はライオンの魔物ローウェンであった。レナードは「渡したリストに載っている人物以外使うなと言ったはずだ、闘技場は閉鎖しろ」と警告する。

モンロー危機一髪

ニックはモンローに頼み、儲け屋のフェレットの魔物に試合を観戦できるよう紹介を頼むが・・・


恐ろしやレナード警部

レナードはどうやら魔物界で結構偉い人物らしい?(てことはレナードも魔物なんでしょうか。)でもローウェンはなかなか反抗的な態度で、闘技クラブも行き過ぎてしまったのでレナードが調子に乗ったローウェンを始末したって感じですね。こわいこわい。

モンローは主要人物なのできっとここで死ぬわけがない!と確信がありつつも、やだー死なないで死なないよね><とハラハラしながら見ていました。ニック間に合ってよかった。。

そういえば、前回今回とウーさんが出てこなかったですね。あの人結構デキる人だし、キャラも面白くて好きです。次の回は出てくるかな〜♪