自由が一番!!

フリーター女子の日々の記録。映画と海外ドラマレビュー多め。

自由が一番‼

『グリム』シーズン1第18話【レジスタンス】

IMG_0937.jpg

前回はハンクとウーさんを無事救えて、よかったですね。今回はハンクとうーさんの出番は少なめ。

シーズン1最終回に向けてお話がますます面白くなってきましたねーー

どんどんいっちゃいましょう!!

第17話のあらすじはこちら♪

※以下ネタバレを含みます!!

スポンサーリンク

第18話『レジスタンス』のあらすじ

『災難にでも遭ったか と王様は言い、翌日も狩人二人に彼を捜索させた』

今回モチーフとなっているのはグリム童話鉄のハンス』です。


エドガー・ヴァルツ

イアン・ハーモンレジスタンスリーダーの一人)が何者かに命を狙われ追われていた。

レナードの元にエドガー・ヴァルツという男が訪ねてくる。エドガーはフェラートの殺し屋で、イアンを追っている。レナードはフェラートのことは私には関係無いと話すが、エドガーは協力しないと厄介なことになるぞと脅しをかける。

バーテンダーのラオズィンシュランガ射殺される

街で銃撃があった知らせを受け、ニック達は捜査をしていた。バスの運転手からの情報や防犯カメラの映像から被弾者(イアン)の顔が明らかになったが、名前は偽名だった。そんな中、飲食店でバーテンダーの殺人事件が起き、現場へ行くと、イアンのパスポートが見つかった。エドガーが偽名を使い、目撃者と名乗り出てニックと接触してきた。エドガーはバーテンダーを殺したのはイアンだと話した。

イアンはロザリーの元恋人

街でエドガーに撃たれたイアンは、フレディーの死を知らずに助けを求めロザリーの店へやってくる。

モンロー&ロザリーはイアンを説得し、ニックに協力を仰ぐことに。

ニックがロザリーの店へ行くと、容疑者として捜査中のイアンがいて驚く。しかしイアンは、エドガーに追われていて、自分を探すために容疑者に見立てたんだということを説明。ニックはまずエドガーを捕まえると言った。

かわいそうなレジナルド

  

エドガーはバーテンダーを殺す前に情報を得た、パスポート偽造が得意なカメラ店へ行き、店主のレジナルドへ協力しないと家族を殺すと脅した。

ロザリーに危険迫る

ロザリーはイアンのパスポートを用意するためレジナルドの店へ行く。

そしてニックはエドガーからフライデンレーデン(休戦)を要求される・・・


話が複雑になってきた

色んな単語とかも出てきて、一度見ただけでは理解し難くなってきました・・w

要するに・・・

・“フェラート”と“ラウファー”という敵対する組織がある

・“フェラート”=各分野で権力を持ち、世界制服をしようとしている7つの王家側

・“ラウファー”=フェラートのレジスタンス(反対勢力)

今回でいうと、イアンは“ラウファー”。エドガーは“フェラート”になりますね。

レナードはフェラートと関係無いと冒頭で話していましたけど本当でしょうか。ニックの鍵を狙っているあたり、フェラートっぽい感じしますけどね。



でも昔グリムは王家側についたみたいなことをイアンが言ってましたよね。うーん。どゆこと。

グリムは魔物を狩るのが勤めだけど、ニックは今までのグリムとは違って、警察として悪い魔物を捕まえるっていうスタンスだから、モンローを始めとする良心がある魔物から信頼を得ているんですよね。てことはフェラートはグリムの敵じゃ無いんですかね。わたし何か見落としてますかね。あ〜難しいですね。考えるほど頭がこんがらがってますw

ニックはグリムとして、そして警官としての使命の間で板挟みみたいな感じで大変でしょうね。ただニックはあくまでも正義を貫いています。正義=法を犯さないことでは無いんですよね。

ちなみにエドガーは犬のヴェッセン、フントイェガーでした!!!