自由が一番!!

フリーター女子の日々の記録。映画と海外ドラマレビュー多め。

自由が一番‼

『グリム』シーズン1第19話【目撃者】

IMG_0938.jpg

この回は、わたしがこのシーズンの中で一番好きなお話かもしれません!

何と言ってもアイスビーバーが可愛いったらなんの♡

ちなみに⇒前回の第18話のあらすじはこちら♪

※以下、ネタバレを含みます!!

スポンサーリンク

第19話『目撃者』のあらすじ

トロールが彼を呼び止めた “待て!橋の渡り賃をよこせ”』

今回モチーフとなっているのは「三びきのやぎのがらがらどんノルウェーの民話だそうです。


アイスビーバー殺害事件

建設現場で、アイスビーバーのロバートサルという男に殺される。たまたまその様子を目撃してしまったアイスビーバーのアーノールドが警察へ通報するも、サルに見つかってしまい慌てて逃げ姿を消す。翌朝現場へ訪れたニック達は、ロバートの車にあった携帯のスケジュールにS・Bというイニシャルが残されているのを見つける。

アーノルドとバドのつながり

ニック達はまずアーノルドの家へ向かうが、そこにアーノルドの姿はなかった。部屋で、アーノルドが冷蔵庫修理に来たアイスビーバーのバドと共に写っている写真を発見する。

サルヴァドール・ブトレル

ロバートの建設会社へ話を聞きに行くと、ロバートは都市計画委員会と揉めることもあったということがわかる。委員会の担当者の名前はサルヴァドール・ブトレル。サルであった。早速、ブトレルを訪ねると、ブトレルが魔物へ変化する瞬間を目撃する。

バドの協力

ニックはバドを訪ね、アーノルドの行方を知らないか問う。話によるとどうやらブトレルはヘスリッヒというトロールのヴェッセンらしい。アイスビーバーとヘスリッヒは長年主従関係のような状態にあるという。

バドはアーノルドを見つけ、目撃者として名乗り出るよう説得するが、命を狙われてしまうし、もし犯人が捕まったとしても、アイスビーバーの仲間達が狙われてしまうかもしれないと話す。そこでバドは集会で議論しようと提案する。

一方サル達は、ニックを始末するために死神を呼び出そうとしていた・・・


アイスビーバーが可愛い

今回これしか言っていない気がしますが、本当に可愛いんだもんw

とっても臆病だけど愛嬌があって、義理堅くていい奴らなんですよね!!

最後の贈り物には笑ってしまいました。一日中彼らが家を訪ねてくる様子を想像して♡

しかしニックがどんどん強くなってきてますね!!死神二人と戦う時の身のこなしが半端なかったですw