自由が一番!!

フリーター女子の日々の記録。映画と海外ドラマレビュー多め。

自由が一番‼

『グリム』シーズン2第1話【新たなる刺客】

IMG_0966.jpg

早くもシーズン2に入りました!!

ジュリエットが昏睡状態になってしまいましたが無事目覚めることはできるのでしょうか・・・

どんどん書いていきます♪

⇒シーズン1のあらすじはこちらから♪

※以下ネタバレを含みます!!!

スポンサーリンク

シーズン2 第1話『新たなる刺客のあらすじ』

『地に汚れた潮が押し寄せ 純真な儀式を飲み込む』

冒頭の一文はウィリアム・バトラー・イェイツのザ・セカンド・カミングの詩の一節です。


1時間前ポートランド港でコンテナの一つから地が滴り落ちているのを警備員が発見。応援を呼び中を確認すると、隠れていた魔物に一人残らず殺されてしまう。

キムラは竜の舌の手下?

ニック母ケリーは、意識を失っているキムラが目を覚ます前に体を調べようとするが、警察が到着しキムラはつれて行かれてしまう。

ケリーとモンロー&ロザリーの初対面

モンロー&ロザリーはアダリンドの猫の毒の特定を試みたが、予想外のテスト結果だったため急いでニックのもと訪ねる。

モンロー達をみてケリーは襲いかかるが、友達であることを説明。『ヴェッセンと友達?何言ってんのよ!』と驚愕するも何とか説得することができ、ことなきを得た。ロザリーによれば、ジュリエットがかかっている魔法?は記憶障害を起こすもので、一刻も早く阻止しなければならないが、薬は出来上がるまでに16時間かかるという。その薬で意識が戻るわけではないが、ますは記憶が消えてしまうのを阻止するというのだ。

レナード動く

レナードはニックからジュリエットが昏睡状態だと聞かされ、アダリンドがやったに違いないと勘づく。アダリンドの母はレナードから対処するよう言われ、ロザリーの店で材料を購入。不審に思ったロザリーはニックに連絡。ケリーは情報を聞き出すためアダリンドの母の家へ行く。

モヴェ・ドン

コンテナで起こった殺人事件について、ニックはケリーに相談。犯人はモヴェ・ドンというヴェッセンで間違いなだろうという。この事件はすでに警察からFBIの手へ渡っていたが、モヴェ・ドンはFBIを人質にとりニックを呼び出してくる。


新たに分かったこと

選ばれたグリムは、昔7つの王家の騎士としてつかえ、ヴェッセン達を統率していたんですね。

そして、騎士達が宝を隠して、隠した場所の地図を鍵にして7つに分けたと。宝の中には強力なパワーを持つものがあり、もし王家がそれを手にしたならば、大変なことになっちゃうよ。っていうことですよね。

だから王家はその鍵が喉から手が出るほど欲しくて、あれやこれやしてニックから鍵を奪おうとしているっていうお話ですね。


ここで疑問ですが竜の舌は王家とはまた別の存在なんですかね。ケリーがキムラを追っていたことやニックを襲ったことからすると敵っぽい感じですけど。

レナードの兄エリックは完全に王家側で鍵を狙っている感がありますよね。ただレナードはエリックとちょっと敵対しているように見受けられますし、ニックを助けたりしている。でも鍵は狙っている。ニックの上司という立場を利用して、ニックに漬け込んでから鍵を奪って、エリックを蹴落として一人でイイ思いしようとしているのかしら。


あと最大の疑問は昔からグリムは王家の敵なの味方なのどっち?っていうところ。王家に仕えてたけど、宝は手に渡らないようにしていた。手に渡らないようにするために仕えたんですかね。

まあとりあえず・・・疑問はこのままに先を見ていくこととしますww