自由が一番!!

フリーター女子の日々の記録。映画と海外ドラマレビュー多め。

自由が一番‼

『グリム』シーズン2第3話【群の掟】

IMG_0968.jpg

シーズン2に入ってますます面白くなるグリム。

いよいよハンクがニックの正体を知る時がやってきます。もうハンクは精神崩壊ギリギリだったので本当良かった!!

しかしハンクの友達にヴェッセンがいたとは。その友人ジャロルド役はスーパーナチュラルではルシファー役の人でした。ルシファーで悪い奴のイメージが付いていたので、最初はそんな目で見ちゃってましたがwこれを最後まで見て、イメージが変わりました^^

シーズン1のあらすじはこちら

シーズン2第2話のあらすじはこちら

※以下ネタバレを含みます!!!

スポンサーリンク

シーズン2第3話『群の掟』のあらすじ

『少女は泣きじゃくり、どうすれば良いの と言った。』

今回はグリム童話森の中のおばあさん」がモチーフとなっています。


ハンク刑事をやめようとする

ヴォーガしたヴェッセンを度々目撃したハンクは、眠れぬ夜が続き徐々に精神に異常をきたすようになる。カウンセリングに通うも効果はなく、ついには刑事を辞めようとかと考え始めていた。

ニック、大ショック

昏睡から目覚めたジュリエットはとても元気だったが、ニックの事がだけが記憶から抜け落ちていた。ニックは二人の写真を見せるが、ジュリエットは「なんだかとても親しそうね」と驚くばかりだった。

ハンクの友人ジャロルドの娘カーリーが誘拐される

カーリースクールカウンセラーとの約束に来なかったと連絡を受けたジャロルドは、自宅に戻ると、カーリーがいつも肌身離さず持ち歩く携帯が置きっ放しにしてあり不安になった為、親友ハンクに助けを求めに来る。

ニックは話を聞いている最中に、ジャロルドが魔物に変化する瞬間を目撃。モンローとともにトレーラーで調べ物をする。

ハンクの友人はコヨータル

ジャロルドはコヨーテのヴェッセン、コヨータルであることがわかった。モンローによると通常は必ず群で行動しており、ヴェッセン界のチンピラみたいな存在だという。そして調べた結果、近親の17歳の少女を連れ去り、“アセベラシオン”(結実の儀式)という交配の儀式を満月の夜に行うのだということがわかった。

ニックはハンクがいない隙に、ジャロルドに自分の正体を明かし話を聞き出す。ジャロルド達は群を離れて10年以上たつが、その際に妻リサの親族と大喧嘩して別れたという。

調べると、テキサスにいたはずのリサの親族ヘイデンが現在ポートランドに越してきているとわかった。職場や自宅には姿がなかったが、競売にかけられている物件の資料が見つかった為、そこに向かうことにする。


ハンクに笑顔戻る

本当よかった〜!!ヴォーガしたカーリーを見たときはパニックでまたあの泣きそうな顔してましたけど、十分な説明してないのに、ヘイデンを一発で倒してさすがだと思いましたよ。ニックよりも物分かりが早いんじゃないかと思いましたね^^

これでニックも色々やりやすくなりますね♪


しかし、コヨータルの習性?的に、群から離れることは基本的にできないのにも関わらず離れて生活してて、しかも娘が17歳になっての失踪となれば、ジャロルドもすぐにピンと来そうなもんですが、ニックにさとされるまで気がつかないっていう・・・w


ジュリエットに忘れられちゃって傷心のニックがかわいそうですね。記憶がないにしてもニックと付き合ってたのは事実で写真も見ているし、モンローからの話も聞いているんだから、もうちょっとニックに優しくしてあげて〜って感じ。

ニックと話す度に「疲れちゃったわ」って言ってません?ニックはあなたの為に、見知らぬ人呼ばわりされても、献身的に寄り添って仕事も大変なんだから、もっと疲れてるわよって感じ。切ないですね・・・