自由が一番!!

フリーター女子の日々の記録。映画と海外ドラマレビュー多め。

自由が一番‼

『グリム』シーズン2第22話(シーズン最終話)【おやすみ、愛しきグリム】のあらすじ

IMG_1249.jpg

おやすみって?ニック眠らされちゃうの?!って感じの題名ですが・・・

前回に続いて、フグ男がやらかしてくれるみたいですね。

シーズン2最終話にふさわしい大盛り上がりの回となることでしょう!


シーズン1のあらすじはこちら

シーズン2第21話「ウェイキング・デッド」のあらすじはこちら

※以下ネタバレを含みます!!!


第21話「おやすみ、愛しきグリム」のあらすじ

今回のモチーフは「ハムレット」です。

有名すぎるシェイクスピアの悲劇でございますね。でも、わたしは見たことありません^^笑

スポンサーリンク

ゾンビで大惨事

ポートラントでエリックが滞在しているホテルへ招かれるクラシェイ・モーテル。エリックに準備は進んでいるかと問われ、明日の夜には整う、と答える。

レナードはエリックのデスクから見つかったトーマス・シーラッハの名の偽造書類などをニックと共有し、エリックが何かを企んでいると話す。

そんな中、クラシェイ・モーテルが生成したゾンビ達が、街で大暴れし出す。ニックはゾンビの一人、アルを一人気絶させ、スパイスショップへ連れていくことにする。

フグ男が生成するゾンビには4つのステージがあり、最終段階でないと治療ができない。ロザリーとモンローは早速解毒剤作りを始める。

ペッチ夫人死す

ペッチ夫人はドッペルゲンガーの薬を作っていた。アダリンドを眠らせ、完成した薬を飲むペッチ夫人。そしてなんとペッチ夫人とアダリンドが入れ替わってしまう。

シュテファニアに呼び出され、アダリンドを装ったペッチ夫人が訪ねる。まんまと騙されたペッチ夫人は心臓を取られてしまう。アダリンドが力を取り戻すためには、ヘクセンビーストの心臓が必要なのであった。

クラシェイ・モーテル主催のパーティーとは・・・

アルに注射した解毒剤は効果があり、正常に戻ったアルから何か覚えていることがないか聞き出すニック。アルは、コンテナに連れていかれて人が沢山いたという話をした。他にも被害者が多数いることが分かり、解毒剤を用意しコンテナへ向かうニック&モンロー&ロザリー、そしてジュリエット。

そこで待ち構えていたのは・・・。


杖ではありません、剣です

ニックに追いかけられ(実際は誘導してた)走るフグ男はとても足が速く、ひょいひょいジャンプしていたので、え?と思ったら、持っていたのは杖と見せかけて剣でした。

あの不気味な出で立ちと、笑い声が頭から離れず、気持ち悪いです。笑


海外ドラマのシリーズ最終話って、大体すごい中途半端な「終わり?!まぢかよぉォお」みたいな感じで終わりますよね。

一刻も早く次が見たいのに、その先がHuluでまだ配信されていない時とか、心底落ち込みますもん。笑


今回出てきたゾンビは、かじられても引っかかれても、うつらないことは救いでしたね。

解毒剤の注射、あれめちゃくちゃ痛そう・・・。注射嫌いなわたしはあんなの絶対に無理です!!


あとはペッチ夫人、行動読まれすぎてて笑えましたね。恐るべしシュテファニア。



≪Hulu≫でアノ人気の海外ドラマや映画が見放題!今すぐ無料でお試し!